Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stdp.blog122.fc2.com/tb.php/30-473d7f08

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

今更ながらの合格体験記:合格までの軌跡

昨日、受験生の方々と話をして気づいたのは、自分の経験も多少は役に立つかもしれないなぁということ。というわけで、今更ながらに合格体験記をまとめていってみようと思う。まずは、合格までの軌跡について。

■勉強準備開始('06/7)

英文会計の基礎は全くなかったので、とりあえずUS Education(現在のAbitus)の英文会計入門を受講。基礎的な概念を徹底的に叩き込んだ。

講義は、幸いにも、受講生は私一人か、もしくは、ちょっと年配のご婦人、といったところだったので、ほぼマンツーマンに近い形で最後まで教えてもらえた。

イリノイ州でのcertification取得を目指して勉強することにしたので、単位が全く足りなかった。結局、20弱の科目をCSUEBの通信コースを受講することとなった。

1タームに6科目までという制約があったため、8月中に6科目の試験を受けることとし、9月から11月までの次のタームにさらに6科目、12月に6科目を受けることにした。というのも、'07/5末にCPA試験を受験するという目標があったからだ。

12月中に試験を終わらせると、採点・登録・イリノイ州へのトランスクリプトの送付は1月になり、2月に出願をすれば、3月にpaymentのクーポンが来て、4月にはNTSを入手し、4月には受験が可能だろうという魂胆だ。

ちなみに、CPAの勉強を始めたときによく言われたことだが、いつ受験するか?ということを決めることは大切だ。CPAの試験だけでなく、どんなことでも、例えば、夢を叶えたい場合でも、「いつまでに」という日付を書いてしまうことが重要である。

■本格的勉強開始('06/8)

通信コースを選択していたので、DVDが到着し、片っ端から2倍速で聴くことにした。幸いにも、SonyのVAIOに入っていたソフトなら、2倍速にしても、デジタル変換されることから、あまり音質が劣化しない。これはなかなか助かった。

8月下旬からは、通学コースの授業を聴講できるということで、毎週末、US Education(現在のAbitus)に通った。8月から10月のタームは、FARE前半、REG後半、AUDの3科目。続く11月から1月のタームは、FARE後半、REG前半、BECの3科目を受講。2月から5月末に向けては、シミュレーション問題をやりつつ、総合力upを目指した。1ターム3科目というペースは、仕事をしながらでは並大抵のことでは出来ないと言われていたものの、5月末に受験するなら、このペースしかなかった。

振り返ってみると、3ヶ月3科目というペースは、それほど無茶ではなかったと感じる。もちろんその期間は徹底した勉強が必要だが、一気に全体を頭に叩き込むことで、全体像が見えるようになるからだ。

■初受験('07/8)

結局勉強を始めて1年後の初受験となった。NTSが来たタイミングでは、グアムの試験会場が一杯になっており、3ヶ月ずらして8月末に受験することにしたのである。グアムのよさは、なんといっても近いこと。時差が少ないというのが頭と体には一番いい。

初受験は4科目。すべて1発で通るつもりでの受験だった。

 1日目 FARE
 2日目 AUD
 3日目 BEC & REG

結果は、

 FARE 79 Pass
 AUD 69 fail
 BEC 78 Pass
 REG 68 fail

failだったAUDとREGはシミュレーションはcomparableだったのに、Multiple Choice(MC)はweakerだった。

AUDは、2つ目と3つ目のセッションがdifficultに感じたので、1つ目、2つ目ともに、ほぼ正解だったのではないか、と思いきや、そうではなかった。REGは、3つ目のセッションでeasyになったような気がしたので、もしかしたら間違いが多かったのかもしれない。

AUDは、時間に余裕があり、4時間半の試験時間があったにもかかわらず、4時間で終了してしまった。逆に、REGは、シミュレーションでタイムアップとなったので、時間的にはタイトだった。

というわけで、「MC強化」を念頭においた勉強を開始したのだが、US Education(現在のAbitus)の問題はほとんど正解するという状態。

そこで、カウンセリングを受けてみた。指摘されたのは、「論点をおさえ切れてないのではないか」ということ。REGやAUDはケースがほぼ無限に存在するため、論点をおさえなければ、合格できない。薦められたのは、ノートに論点をまとめること。とりあえず、愚直にやってみた。

■AUD&REG再受験('08/1-2)

仕事が忙しくなり、初受験以降勉強を少し中断していたこともあり、再受験は'08/1と'08/2となった。この辺りが、仕事をしながらCPAを取得しようというときにネックになることである。アドバイスとしては、たとえ試験が終わっても、DVDをみるなり、テキストを読み続けるなり、勉強をし続けることが大切ではないか?ということ。

ともかくも、どちらも全力を尽くした。ただ、AUDでは、少しミスをした。FAREに出てくるような仕訳けの問題があり、それを逆にした箇所があることに後で気づいたのである。案の定、AUDはfail。しかも74点で...

結果は以下の通り。
 
 REG 79 pass
 AUD 74 fail

■AUD再々受験('08/5)

最後の決戦とばかりに意気込んだ'08年5月。連休もほとんど勉強していたこともあり、もうこれ以上何を勉強するのだろうというところまできていた。

 AUD 85 Pass

これで4科目合格となり、約2年弱の戦いに終止符が打たれた。

■かかったコスト

US Education(現在のAbitus)での教材等の費用 約50万円
CSUEBでの単位のための費用 約20万円
・受験関係 約50万円
・合計 約120万円

うーん、どうやって元を取ろうか?!
 
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ←他のビジネススキルブログをチェック!

米国公認会計士を目指す第一歩は英文会計から

バイリンガルの会計士が教える英文会計のDVD教材

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stdp.blog122.fc2.com/tb.php/30-473d7f08

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

studious_poindexter

Author:studious_poindexter
大阪で仕事をしながら勉強を始めて約2年でUSCPAに合格。経緯やその後の話をご紹介~♪

資格ブログ@にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

お世話になった受験予備校

USCPA/米国公認会計士・米国弁護士・CIA/公認内部監査人・CISA/公認情報システム監査人・IFRS/国際会計基準の資格取得の専門校 アビタス/Abitus 教材、講師ともにしっかりしていて、ビジネスパーソンが短期間で資格を取得するのにピッタリ!オススメ~♪

私が使ったWileyの問題集

A&A:約750問


FARE:約1200問


REG:約1000問


BEC:約800問


Wileyでダメだった時のBisk問題集

A&A


FARE


REG


BEC

目をつけていた参考図書

相互リンク


== ビジネス ==
■Entrepreneurshipを探る旅
お気に入りブログに入れていた上田嘉紀さんのブログ。シリコンバレーのベンチャー、エネルギー関係のビジネス、食べ歩きなどイロイロ。
■究極の英語学習法
KHシステムという英語の勉強方法
■ベンチャーとイノベーションの本棚
poindexterさん(なんとIDの一部が同じ!)のビジネス本紹介サイト
■エネルギービジネス戦略ブログ
enezaruさんのガスビジネス関係サイト

== 日常生活 ==
■Healthy Sex Life
Jacquesさんの離婚・再婚・夫婦生活話
■OH!KAZU!
男性のオカズのためのサイト(18禁)
■Mちゃん、Sくん、K太郎のパパログ
papanoriさんの子育てブログ。工場見学とかアート鑑賞とか

== アニメ ==
■ソレスタルビーイング ガンダム00
Gundam 00に関するサイト
■GUNDAM SEED DESTINY
Gundam Seed Destinyに関するサイト
 

editaコミュニティ

edita.jp【エディタ】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク

新時代の学習スタイル LEC東京リーガルマインド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。